WordPressで子テーマを使ってみた

Pocket

子テーマ
いま使っているテーマ「Twenty Twelve」が1.2へアップデートされたのですが、アップデートをするとカスタマイズしたものがすべて初期化されてしまうということで躊躇していました。
なにか方法がないかなと調べたら「子テーマ」なるものを発見!

子テーマとは、親テーマを引用してカスタマイズ分だけ追記するテーマのようです。
これだとカスタマイズしたところがすぐに分かって、あとあと便利なのもいいです。

子テーマの作り方をメモしておきます。

各テーマが保存されているディレクトリに子テーマのフォルダを作成します。
/wp-content/theme にとりあえず「twentytwelve-child」というフォルダを作成。

中にstyle.cssを作成して下記内容を記入します。

/*
* Theme Name: Twenty Twelve-child
* Template: twentytwelve
*/

これでtwentytwelveの子テーマの作成が完了です。
Wordpressの管理画面からテーマ一覧を開いてます。

子テーマ
子テーマが表示されて親テーマの「Twenty Twelve」が必須ということが分かります。

さて、このままでは基本形は「Twenty Twelve」ですがCSSが読み込まれません。
そこでstyle.cssに下記内容を追記します。

@import url(“../twentytwelve/style.css”);

これで「Twenty Twelve」と同じテーマになります。
カスタマイズをする場合は、style.cssに追記していけば反映されます。
style.css以外を反映させるには同ファイルを作ればいいのかな?
それは今度調べてみます。

気になったのは管理画面からメニューやヘッダー、背景を変更している場合は再度設定が必要だったことです。一度設定してしまえば問題がありませんが、移し替える場合は前の設定をメモしておく必要があります。

これで子テーマの準備が終わったので「Twenty Twelve」を1.2へアップデートしてみたところカスタマイズしたところはそのままにアップデートが完了しました!
これは便利だなぁ。

Pocket

コメントを残す