Windows 8.1 previewをつかってみた


Windows 8.1 preview
ちょっと遅れましたがWindows 8.1 previewを使ってみました。

スタートボタン
ウワサ通りにスタートボタンが追加されました。
さっそくクリックすると・・・あのタイルが出てきます・・・
これじゃない感が半端ないです。普通のメニューを出してよ!!

フォトに矢印がついた
ちょっと進化したと思ったのがWidows 8から追加されたフォトです。
矢印がついてクリックすると同じフォルダの画像をスライドすることが出来るのです!
矢印ボタンでもスライド出来ちゃいます!!

というかそんなことも、いままで出来なかったWindows 8ってある意味すげぇ

シャットダウンが追加
左端にマウスポインタを持ってきて右クリックすると出てくるメニューにシャットダウンが追加されています。これでショートカットキーで比較的簡単にシャットダウンが出来ちゃいます。
なお、このメニューはWindows + X でも呼び出すことも出来ます。

気になったことがあります。
一度、PCがスタンバイになって復帰した後、無線LANが接続できなくなるのです。
なんど接続しようとしてもつながりません。結局再起動すると直ります。
これって明らかにバグ!? 私だけの環境なのかなぁ

それとアプリによってメニューやフォントがボケボケになるものがあるのです。
始めはアプリの設定なのかなと思ったのですが、複数のアプリで起きていたのでOSだろうと調べたところ、修正方法がわかりました。
コントロールパネルを開き「font」で検索し、「ディスプレイ - テキストやその他の項目の大きさの変更」を選択
「すべての項目のサイズを変更する」が「中 - 125%」になっていました。これを100%にすると直りました。
おそらく1920×1080の解像度で使っていると自動的に調整されてしまうのかもしれません。

この設定で100%にしたところ、Outlook 2013のフォントも小さくなって見やすくなりました。
もしかしたら、Windows 8の時点で125%になっていたのかもしれません。
で、Windows 8.1 previewでこの項目サイズの変更に未対応アプリも拡大されるようになって気付いたのかもしれません。

最後に、8.1になって印刷のキューがすぐに行くようになりました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。