WP-DBManagerをいれてみた


Wordpress logo
ここのところブログが表示できなくなることがたびたび起きました。
原因はおそらくMySQLのオーバーヘッドだと思うのですが、
定期的に最適化をするのは面倒です。
そこでWP-Managerを導入してみました。

WP-Managerをインストールして有効化にすると以下のメッセージが出ます。
「Your backup folder MIGHT be visible to the public」

WP-ManagerはDBデータのバックアップも行ってくれるのですが
その保存先がアタックされる可能性があるよと言ってくれているのです。
WP-Managerのフォルダにhtaccess.txtがあるので
バックアップ先のフォルダに.htaccessにファイル名を変えて起きます。
これでセキュリティ対策もばっちりです。

さて、肝心のDB最適化ですがオプションを開くと
DBのバックアップ、最適化、リペアをスケジュールできます。
いままでDBのバックアップはバージョンアップの時ぐらいしか
とっていませんでした。これはいざというときに安心です。
ある意味、いままで対策していなかったのもどうかと思いますけどね。


コメントを残す