Vistaライセンス認証強化

Pocket

CNET Japan:マイクロソフト、VistaでPC間の移管を制限--著作権侵害対策の一環として
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20275427,00.htm

VistaはXPよりさらにライセンス認証を強化するそうです。

Vistaのリテールパッケージ製品で、新しいマシンへのOSの移管が許されるのは、1ライセンスにつき1回だけだという。

ここでいう新しいマシンとはどういう認識をするのでしょうか。
もしかしてメモリやHDDを追加しただけで新しいマシンとして
OSの移管されることになるのでしょうか。
もし、そうであるのなら自作PCユーザーだけではなく
リテールPCユーザーでも非常に厳しいOSとなります。

それともXPのようにPCの構成を何回か変更すると
再アクティベーションを求めてくるようにそれが移管と
認識されるのでしょうか。

それだとしても自作PCユーザーとしてはこのような
ライセンス認証でしたらVistaは見送ることになりそうです。
XPでも再アクティベーションで5回以上電話してますから
5回以上OSを買い換えることになる!?

でもまあ、VistaのウリとしてDirectX10が使えるので
DX10対応ゲームが出たらかなり気になると思います。

「変更が新OSの導入に支障を来すようなことは今のところない」と語っている。

たぶん自作PCユーザーは勘定に入れていなんでしょうね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。