可逆圧縮コーデック比較


MonsterXをずっとMxCaptureでキャプチャしていたのですが
毎回、微妙にドロップフレームが起きていて気になっていました。

ということで、アマレコTVに乗り換えてみました。
アマレコTVはAMVという独自コーデックをインストールしないと動きません。
しかも、AMVコーデックは有料(\1,280)となっています。
といっても、インストールしてもコーデックとして使わなければ無料です。

さて、いままでコーデックはHuffyuvを使っていたのですが
AMV3のS2(可逆圧縮)のデコードが速いとの話だったので
ちょっと可逆圧縮コーデック比較をしてみました。
比較にはUtVideoも使ってみました。

ソースは10分のミニドラマです。
まずはキャプチャしたときのファイルサイズの比較

コーデック サイズ MB
HuffyuvMT 22,492
UtVideo 23,627
AMV3 S2 24,622

ファイルサイズ的には、Huffyuvが若干優位のようです。
今回は10分のソースなのであまり差が出ていませんが
1時間ドラマなどではHuffyuvとAMV3では10GBほど差が出てしまいます。
でもまあ、キャプチャしたあとすぐにデコードするならサイズは
あまり気にならないんですけどね。

肝心のデコード時間を比較してみたいと思います。
PCスペックとデコードソフトの設定は以下の通り
OS: Windows 7 Pro x64
M/B: 890FXA-GD70
CPU: Phenom II X4 1090T
Mem: DDR3 1333 2GB x2
HDD: 2TB (RAID 0 1TB x2)

アプリ: aviutl v0.99i6
フィルタ: 透過性ロゴ
コーデック: x264 2,000Kbps AAC 96KHz 2Pass

コーデック 時間
HuffyuvMT 0:32:40
UtVideo 0:26:09
AMV3 S2 0:23:03

予想以上にHuffyuvが遅いことにびっくりしました。
UtVideoが公開された当時にデコード速度を比較したことがありましたが
いまではこんなに差が出てたんですね。
で、AMV3 S2はほんとに速いです。
比較ソースが10分だとちょっと短かったかも・・・

ちなみに透過性ロゴフィルタを切って測定してみると

コーデック 時間
UtVideo 0:15:14
AMV3 S2 0:13:56

予想以上の速度です。
やっぱり透過性ロゴはマルチスレッド未対応なのかな?
マルチスレッド化にするものもあるけど4コアまでなんですよね。

デコード速度をみるとAMV3は魅力的ですが、編集時にシークが微妙に遅いと感じました。

私的には無料のUtVideoをメインに使おうかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。