aviutlとCPU使用率


aviutlでx264出力をしばらく前からやってましたが
一つ気になることがあったのです。
それはCPU使用率が100%にならないことです。
よくても60%前後なのです。

aviutl本体はすでにマルチコアに対応しているので
プラグインが原因かと思っていたのですが
プラグインをなにも使わなくても100%にならないのです。

となるとx264の設定かなとみても、オプションにちゃんと
--threads auto となっています。

諦めかけていままでエンコードをしていたのですが
ようやく原因がわかりました。
オーディオエンコーダのneroAacEncが古かったのです。
最新の1.3.3.0にしたら100%でエンコードできるようになりました。
更新内容にも「Improved multichannel encoding」と書いてました。

ようやくクアッドコアの本領が発揮できます。
たまってた動画もエンコードしないとなぁ


コメントを残す