OCZ Vertex 120GBレビュー


OCZ Vertext 120GB

OCZ 120GBが届きました。

中身

中身は結構安っぽい感じです。
コントローラがJMicronならよくついているUSB端子はありませんでした。
VertexのコントローラはIndilinxという、あまり聞いたことのないメーカーのものです。

早速、ベンチマークを測定してみました。
前まではCrystal Disk Markでも測定してましたが
平均的な数値だけではわかりづらいのと、IOPSが測定できないので
HD Tune Pro 3.5を使用しています。

HD Tune Pro シーケンシャルリード
シーケンシャルリード

HD Tune Pro シーケンシャルライト
シーケンシャルライト

HD Tune Pro ランダムリード
ランダムリード

HD Tune Pro ランダムライト
ランダムライト

公称スペックでは以下のようになっています。

Read : 250MB/s
Write: 180MB/s

Readは200MB/s止まりで、Writeも申し訳程度な結果です。
というか、なにこの波線グラフ

ランダムライトよりプチフリは起きないことがわかります。
プチフリが起きるJMicronの場合はIOPSがすべて4程度なんですよね。

個人的にはそれなりのパフォーマンスが出ているようなので
良さそうかと思いますが、実際に使用してみないとなんとも・・・

それと来週あたりに新ファームを公開するそうです。
新ファームを導入するとシーケンシャルが20%ほど向上するそうです。
これは楽しみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。