CPU-340 vs NexXxoS XP Silver


Koolance CPU-340とAlphacool NexXxoS XP Silverの
温度比較してみました。
測定PCスペックと環境はこちら

気温: 18℃
CPU: 9850 Black Edition
ラジエータ: Black Ice GT Stealth 360
ラジエータファン: XINRUILIAN 1200rpm x3
ポンプ: Koolance PMP-450
アプリ:AMD OverDirve、CPUID HW Monitor

純粋に温度測定したいのでCPUだけ水冷にしています。
ロード時は「AMD OverDirve」 - Stability testの最高温度にしました。
ラジエータファンはギリギリ動くほどに絞った450rpmと
通常の1200rpmの二つで測定しました。

ラジエータファン 450rpm
  Idle Load
CPU-340 25℃ 36℃
NexXxoS 36.5℃ 43℃
ラジエータファン 1200rpm
  Idle Load
CPU-340 23℃ 33℃
NexXxoS 25℃ 34℃

驚いたのはラジエータファンを絞ってもCPU-340は
あまり温度差がないということです。
ラジエータの容量?が飽和状態に近いのでしょう。
それに反して、NexXxoSはファン回転数に比例して
温度が上がってます。こんなにも違うものかと思いました。

ついでにPMP-450は流量を1-5と実働は分かりませんが
変動できるので流量の違いで温度差があるのかみてみました。
ですが、実際に計ってみるとよく分からないのです。

流量 1 5
時間 - 1分 10分 20分
温度 23℃ 21℃ 27℃ 23℃

時間は大まかですが、おおよそこのような温度変化が起きました。
流量を増やした瞬間温度は下がり、しばらくすると温度が上がっていき
最終的には流量1と同じ温度付近に落ち着きました。

推測ですが、流量が増えた瞬間CPUの熱を奪ったため
温度が下がったが、ラジエータを通過する水も早くなったため
ラジエータで冷やしきれず温度が上がる・・・
とすると、なぜしばらくすると温度がまた下がるのかが分からないのです。
なんででしょうねぇ


コメントを残す