IO-DATA GV-MVP/GX


昨日、YOUさんとエンコードについてチャットしていて
キャプったやつを見せてもらったら、すごい綺麗なのです!

こっちはフィルタかけまくらないと
見られたものじゃないのに足元にも及びません。

エンコードのやり方が悪いのかなといろいろ考えて
原因がわかりました。元動画が駄目なのです。
ということで、カッとなって「IO-DATA GV-MVP/GX」を買ってきました。

アウトレット品だったので13,980円と格安です。
ちょっと不安に思いながら取り付けたところ問題なく動作しました。
さっそくルパンを6Mbpsで録画してみました。

ルパン

多少、ゴーストが目立ちますが想像以上に綺麗です。
ブロックノイズがほとんどありません。
以前のキャプチャカードでは目立っていたコーミングも
このままでも気になりません。

このキャプチャカードには高速エンコード機能があり
通常の5分の1の時間でハードエンコードが出来るそうです。
早速やってみると2時間の動画が20分で終わりました。
設定があったのかもしれないですが、サイズは5GBから3.5GBと
思ったより小さくなく、フィルタもかけられません。
画質自体はかなりいいです。

結局はTMPGEncでDivXにする必要があります。
まぁ、問題の元動画がすばらしく向上したので大満足です。


コメントを残す