Zalman ZM1000-HPレビュー


ようやく新しい電源を買いました。
いろいろ悩んだ結果、Zalman ZM1000-HPにしました。
1000W級では比較的安く2chの電源スレでも悪くなさそうだったのです。

いままで使っていたSeasonic SS-650HTは非常に静かでよかったのですが
ゲームをやると12cmファンが激しく回るので気になっていました。
各所の電源電卓で計算すると最大値600~700Wぐらい使っているようで
余裕がないことがわかっています。

そこでワットチェッカーで測定してみたところ
このような結果になりました。

  使用電力
ブートピーク 280W
アイドル 195W
ピーク 296W

予想外に少なかったのです。
最大300Wしか使っていませんでした。
驚いたのはコールドブート時は電力が必要だと
いわれていましたがここまで大きいとは思いませんでした。
HDDを6個積んでいるのもあるのでしょう。

左 Zalman ZM1000-HP 右 Seasonic SS-650HT

さて前置きが長くなりましたが電源を比べてみました。
とにかく長いです!
SS-650HTは140mmに対しZM1000-HPは210mmもあります。
これは購入前に取り付けられるか確認しておいた方が良さそうですね。
ファンは14cmファンを使っていて負荷時には回転数が上がるそうです。
いまのところは負荷をかけても、とても静かです。
ケーブルは必要最低限だけ直付けで足りないときは
追加できるというとても理にかなっています。
付属のケーブルはちょっと固いですね。

ZM1000-HPの詳細

12Vは6系統あり、どれがどの系統か書いてあるので助かります。
これで心おきなくCrossFireが出来そうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。