RC5210-08 ベンチ結果


このまえRAIDCore RC5210-08を買ってCipricoから
最新のドライバV3.1をダウンロードしようとしたら
サーバが落ちているようで数日待ってみても一向にDL出来ない。
サポートにメールを送ってみたら次の日にはDL出来ました。
なんだかちょうどサーバ移動中だったそうな。

で、アップデートすればあの不安定なベンチマーク結果も
変わるかなと思いましたが全く変わりませんでした。
そこでOSを入れ直してみたりAHCIの設定がいるのかとか
調べてみた結果、ようやく原因が分かりました。

どうやらHD Tuneの測定方法でBlock sizeは標準で
64KBなっています。なぜか64KBだけあの不安定なグラフを描くようです。
とりあえず128KBで測定したものと比べてみます。

HD Tune 2.54
RC5210-08 RAID0(HDT725050VLA360*2)

■Block size 64KB
Block size 64KB

■Block size 128KB
Block size 128KB

数値はほぼ変わらないことが分かります。
64KBは速度が不安定なためかCPU Usageが3倍ほどになっています。
それと測定中に急激に速度が落ち込むのは変わらないようです。
なんともHD TuneのバグなのかRAIDCoreの挙動なのかよくわかりません。

ということでHD Tachで測定してみました。

■HD Tach 8MB
HD Tach 8MB

■HD Tach 32MB
HD Tach 32MB

なんかRAIDCoreの特性みたい・・・
それにしてもBurst speedが300MB/sオーバーなのは驚いた。


コメントを残す