WD Raptor WD1500ADFD 150GB レビュー


クリックで拡大

SATAでありながらSCSIに引けをとらない速度の
Raptorシリーズ、WD1500ADFDを購入です。
購入した日にはプラッタが見えるRaptorXもありましたが
HDD水冷ケースに入れてしまうのでサーバ用となるWD1500ADFDにしました。

HD Tune

何度か測定しましたが、数回書き込み速度が落ち込むのは変わりませんでした。
Burst Rateは100MB/sを超えました! 平均でさえ70MB/sです。

HDBENCH

HDBENCHは誤差が大きいのであまり参考にしていないのですが
文句のいいようのないスコアをたたき出しました。

システムを入れたのですがセットアップが終わるまでに20分。
コールドブートからログオン画面までに29秒です。
なぜか、ほかのHDDを接続したらいきなり遅くなりました。
デバイス読み込むのに時間がかかるのかな・・・
操作感は実感できるほどキビキビ動くようになりました。
デフラグが面白いほど早くて楽しいです!

気になる動作音は思ったより静かですが、
書き込み時はゴリゴリと結構うるさいです。
ですが、HDD水冷ケースに入れるので問題ありません。
温度は水冷化しても35度(室温+10度)ほどとなり結構熱いです。
夏場はちょっと心配です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。