MPC-HCの設定について


最近の動画再生はCPU負荷が大きいものが多く
なるべく動作が軽い、MPC-HCを使用しています。
MPC-HCには動画支援機能があるため、とても動作が軽いです。
動画支援機能とは処理をグラフィックカードに行わせるものです。
RadeonではUVD2、GeforceではPureVideo HDとか呼んでいます。
総称でDXVA(DirectX Video Acceleration)と呼んでたりします。

実際にどれだけの効果があるか比較してみました。

TheGreatestGameのHD動画
ソースは古いですが、重いと評判の「The Greatest Game」のトレーラーです。
ちょっと探したんですが見あたらなかったのでここに置いておきました。

UVD2有効時のCPU負荷
DXVAを有効にしたときのCPU負荷です。
本当に動画を再生しているかわからないほどです。
なお、MPC-HCのオプションで出力のDirect Showは「EVR Custom Pres.」にしています。
WindowsXPの場合は「VMR7(Renderless)」を選んでおくといいでしょう。

オプションでDXVAをオフにする
次にMPC-HPのオプションでH264/AVC(DXVA)とVC1(DXVA)をオフにします。

UVD2無効時のCPU負荷
DXVAをオフにした場合のCPU負荷です。
かなりの差が出ています。

外部フィルタにCoreAVCを使用する
DXVAをオフにして外部フィルタにCoreAVCを使ってみました。
CoreAVCは有料ソフトですので買いましょう。こんなところでDLしないように。

CoreAVCを使ったCPU負荷
DXVAを使用したときよりは敵いませんが、すこしCPU負荷が下がっています。
CoreAVCはCUDAで動画再生支援が出来るそうでGeforceを持っている人には恩恵があります。

この結果から、DXVAをオンにしておけばいいように感じますが
動画の種類によってはDXVAを使わない方がいいときがあります。
tsファイルが正常に再生できなかったり、やたらシークが遅かったりするからです。
なんだかんだでCoreAVCを使うのがいまのところベストのようです。


コメントを残す