「Present For You」をみてきた


Present For You
実写とクレイアニメが一体化した映画「Present For You」を観てきました。

ボスから送られてくるプレゼントを処分する仕事を請け負っている主演オダギリジョー。なぜかクレイアニメになったり実写になったりと不思議な映画です。
作成までになんと5年もの月日をかけてようやく完成した作品だそうです。

トレーラーを見てもどんな映画なのかさっぱりで期待して見に行ったのですが……やっぱりさっぱりわからない! なぜクレイアニメなのか!? なぜ3Dなのか!? よくわからない!?

クレイアニメに切り替わりやすいようにか、カメラアングルが固定されているのが印象的でした。ときどきクレイアニメなのか実写なのかよく分からなくなってきて夢の中にいるかのような気分になってきます。そんな雰囲気を出したかったのか!?
3Dはその夢のような雰囲気を増強させるため!?
ゲスイ話になりますが、予算回収するために価格の高い3Dにしたのでしょうか。

クレイアニメのみですが、おすぎとピーコ、森公美子が出ていたのはなんだか面白かったかです。クレイアニメでも一目で分かるのがすごいですね。

ストーリーは、正直なところひどい。雰囲気を楽しむ映画なのかもしれません。
なんでだか分からないけど、パルプフィクションを思い出しました。

謎なところがあったのですが、「計画変更を社長へ連絡しなくちゃ」って言う台詞は、社長はすべて知っていたのか!? だとしても、報復がひどすぎるんじゃないのか? 部下は知らなかった? うーん、よくわからない。他の人はどんな感想なのか気になる映画でした。


コメントを残す