「第9地区」みてきた


第9地区

突然、南アフリカのヨハネスブルグに現れた巨大宇宙船から
大量のエイリアンが栄養失調で苦しんでいた。
そのエビに似たエイリアンを救助するため避難地区を設けたところ
たちまちスラム化してしまい犯罪の巣窟に!

すごいB級臭がする映画がやるなあと期待していたのですが
すっかり観るのを忘れていて急いでみてきました。
もともとHALOの映画がダメになって急遽作り直した映画だった気がします。
それがこんなすごい映画になってしまうとは!

正直、なにも知らないで観た方が絶対に面白いです。

予想を上回る展開にもう、もう驚きましたっ!

主人公ヴィカスはスラム化した第9地区からエイリアンを移転させる
プロジェクトリーダーに抜擢されますが、実はエイリアンの武器を押収することが
本当の目的だったりするのは知らされていません。
ですが、エイリアンの武器はエイリアンのDNAを関知して動作するため
人間では使うことが出来ないことが問題となっていたのです。

ふとしたことでヴィカスはエイリアン化してしまい、軍施設に隔離されます。
なんと人間でありながらエイリアンの武器を使える人物になったのです!
そこでいろいろ実験されるシーンがやたら怖かった!!!

ここで主人公がエイリアン化になっていく恐怖感を描く地味な展開で
終わるのかなと思ったら、オレTSUEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!
テラチートwwwwwwwwwwwwwwww
な展開で目が離せなくなりました。そしてグロイ。
エイリアン親子もまたいい味出してます。

一番驚いたのが、主人公のヴィカス役の人、監督なのね!

第10地区、楽しみにしてます! やるかどうかは知らないけどねー


“「第9地区」みてきた” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。