「戦慄迷宮3D」をみてきた


戦慄迷宮3D
「戦慄迷宮3D」を観てきました。
「呪怨」で有名な清水崇監督なのですごい楽しみにしてました。
タイトル通り、最近増えてきた3D映画です。

昔も赤と青のメガネを使ったのもありましたが
あれは目が疲れるだけでいまいちでした。
また出現したと言うことは、かなりよくなったのでしょう。

3Dメガネ
これがチケットと一緒に渡されたメガネです。
色の薄いサングラスのようです。

席を決めるとき店員さんが
「前の席の方が迫力があっていいですよ。」
その言葉を信じて前の席にしてみました。
中へ入ると「クリスマス・キャロル」のCMがやってました。
ディズニーのCGアニメの映画です。
これも3Dで、ものすごい立体的で違和感ありません。
これは「戦慄迷宮3D」も期待出来るなぁと
ワクワクしてきます。

本編が始まると。
???
なんだか目がちかちかします。
3Dに見えなくもないけど残像が見えるのです。
しばらくそのまま観てたんですが、我慢できず
後ろの席に移動してみましたが残像は消えません。

メガネを外したり片眼をつぶったりして分かったのですが
裸眼で観るとずれた映像が二つ見えます。
メガネをつけると片方ずつの映像に分けて
見えるようになりますが、完全に消えてないのです。
そのため目がちかちかするのでしょう。

映画自体は、富士急ハイランドの宣伝映画なのかな・・・
それなりに面白かったんだけど、やっぱり目がちかちかするのが
気になって入り込めませんでした。普通に観れば面白かったと思います。
あまりホラー映画耐性のない人にもお勧めな映画です。

上映条件が悪いのかメガネが悪いのかはよく分かりません。
「クリスマス・キャロル」ではくっきり観れたので
上映条件が悪かったのかもしれません。
それとも、CGより実写の3D化は難しいのかな?

メガネに関してもちょっと不満があって
レンズが安いものなのか反射が気になりました。
それと、メガネが暗いので全体的に暗くなることです。
ホラー映画なら問題ないんですけどね。

なんだかんだで「クリスマス・キャロル」がすごい観てみたいです。


コメントを残す