Oblivionの日々


Oblivionは本当におもしろい

RPGというものは昔は好きだったんですが
道筋通りのシナリオを進むだけでプレイヤーには
選択肢があってないようなものが多いことや
イベントもお使い的なことが多く、作業をやらされてる気分になるのです。

ところが、Oblivionでのイベントの大筋はお使いと呼べますが
そこまでの過程やプレイヤーの行動はかなり自由なんです。

たとえば、ある女性に殺人の容疑で捕まった男に脅されて片棒をつがされていて
その男に取られた金を取り戻して欲しいと頼まれます。
さっそく、牢獄に行き男に話を聞くと殺したのは彼女で罪を被せられた
彼女を殺してネックレスを持ってきてくれたら隠した金をやろうというのです。
いったいどちらが本当のことを言っているのでしょう。
彼女にこのことを言うと男は嘘を言っている、ネックレスを渡すので
金の場所を聞き出してくれ、金の半分をやるというのです。

なんだかドロドロな展開になってきました。
プレイヤーは男をだまし金の半分をもらうか、あるいは
彼女を殺して金をそのまま全部もらってしまうこともできます。
実は意外な展開が待ち受けてたりします。

そう、Oblivionでは別に善人プレイに徹することはないのです。
自分の赴くままのプレイが楽しめるのです。
これこそRPGと呼べるのではないのでしょうか。
ああ、マジで楽しいなぁ


コメントを残す