デスマスティックを作ってみた


このまえニコ動で痛キーボードの作り方を見ていて
なんだか作りたくなってきて、ずーと手をつけていなかった
自作のジョイスティックに痛いのを貼ってみようと思い立ちました。

で、気になったのが保護フィルムの存在です。
以前、光沢紙を貼っていたのですが耐水効果がないので
遊んでいるとベタベタになってくるので0.5mmのプラ版を貼るなど
苦労していました。この保護フィルムがあればすっきり出来るはずです。

3M スコッチカルフィルム XLシリーズ JS-1900XL
もう少し小さいので良かったのですがメータ単位でしか売ってなかったのです。
買ったのは3M JS-1900XLです。こちらは表面にフッ素加工をしているので
ニコ動で使われているJS-1900Aより強度が高いそうです。
そのかわり印刷とか出来ないですけどね。

昔のシールをはがす
昔の貼っただけのシールをはがします。
はがしやすいタイプのはずですが時間が経ちすぎてはがれません。
なんだかんだで1時間ぐらいかかっちゃいました。

なんか色が違う
痛いのといってもとくに思いつかないので
Xbox360にデススマイルズが出るので専用スティックにしてみることにしました。
なれないドローソフトを使って印刷してみたのですが、なんか色が変です。
印刷中、インクが少ないってメッセージが出ていたからでしょうか。
とりあえず試しなので、このまま作ってみます。

フィルム貼り失敗した
フィルムをニコ動のように定規でシューと貼ろうと思ったら
よれよれになってしまいました。あれ、すげぇ手慣れてるんだなぁ。
まぁ、いい経験になりました。次に作るときはうまく出来るでしょう。
問題はたいして痛くない普通なところです。
なんかいいのないかなぁ

関連記事:Fighting Stick 3スティック交換 LS-32


“デスマスティックを作ってみた” への2件の返信

  1. 普通にイイじゃないですか!!(笑)
    全然イタくないですよー!
    こんなん売ってたら売れそうですよ~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。