XIM(Xbox360 Input Machine)を導入


Xbox360 Input Machine

先日、XFPS 3.0 Sniper Plusを買ったのですが満足のいかない結果になりました。ここまで手を出したからには後戻りはできないのでXIM(Xbox360 Input Machine)を導入しました。

これはツールキットを海外からかってPSのコントローラを半田で接続して作るものです。ググると詳しく説明されているところがあるので、作り方の説明は省略します。これをどうするかというとXbox360>XFPS>XIM>PCと接続してXbox360の電源を入れます。そしてPC側でツール(XIM)を立ち上げるとPCのキーボードとマウスでXbox360を操作できるようになるのです。

で、さっそく感想ですが・・・これはいい! マウス操作がXFPS直の操作感とは雲泥の差です! PCで操作しているかのようななめらかさです。微妙にマウスがもっさりしているような気がしますけどね。キーバインドもXIMを起動している時にCtrl+Enterを押すと設定ファイル(Default.xim)が開くので好きに設定ができます。キーは例がコメントアウトされているのでなんとなく設定できるので便利です。XFPSでは設定のできなかったマウスホイールも設定可能です。正直、XFPSとXIMはセットで買うべき物かもしれません。

話通り微妙に遅延がありますがそんなに気になりませんでした。スティックでもそうだったしPS接続は遅延が起きるのかな?


コメントを残す