「まんさく」でたべてみた

Pocket

まんさく
柳津町西山にある「まんさく」でたべてみました。
これは日替わり定食です。

仕事先のこと
お客さん「お昼どこで食べるの?」
「近くの温泉宿でラーメンでも」
お客さん「すぐ近くのまんさくだともっといろいろ食べれるよ」
ということで「まんさく」へ行ってみることになりました。

西山の集落の中に入ってしばらくすると左側にあるそうで
ゆっくりと車を走らせると「まんさく」の看板が見えました。

店はトタンのような建物で食堂と言うより工場のようです。
シャッターが降りてて休みかと思っていると
道路側端にあるアルミドアには「営業中」の札が
ぶら下がっていました。

ドア越しに見てみるとすぐに階段が見えて
店内がどうなっているかさっぱりわかりません。

うーん、怪しい。
勧められなかったらまず入らないなぁ。

思い切ってドアを開き階段を上っていきました。
2階へ上がると左に引き戸があり、奥から話し声が聞こえてきます。
ガラガラと左側を開けたら畳の小上がりがあって入れません。

おお、逆かよ。

右を開けたらガタガタとやたら立て付けが悪い。

中を見るとカウンター席に二人、ボックス席に二人先客がいました。
店主はすらりとしたおばあさん一人です。

とりあえず空いているカウンター席に座り
メニューを見ると唐揚げ定食とかいろいろあります。

何食べよう・・・
「日替わり定食」に目がとまりました!
「すいません、日替わり定食で!」
「あいよー」

さてトイレでも行こうかとぐるりと見回します。
入口近くにドアがありました。

開けてみると店内の床とは違うフローリングで洗面台があります。
トイレと言うより風呂場のようです。妙に綺麗です。
あれ、ここ土足でいいのかな・・・
スリッパはありません。

「ここって靴脱ぐんですか?」
「・・・」
料理に夢中で聞こえていないようです。
客に視線を動かすと
「オレらも初めてでしらないよ」とひとこと
もう一度おばあさんに聞いてみると
「ああ、土足でいいよ!」
民家に土足で上がるような背徳を感じながら用を済ましました。

うーん、なかなかこない。
一人で切り盛りしているから大変なんだろうなぁ。

20分ほどすると日替わり定食が来ました。
まんさく

なにこのボリューム!
肉に魚に総菜が2種も!
しかもうめぇ!

食べ終わるとおばあさんが
「粉だけどコーヒーどうぞ」とコーヒーまで!

値段が700円とリーズナブル!
やべぇ、西山に来たらここで決まりだね!
気に入っちゃいました。

Pocket

コメントを残す