カレーガムを親に食べさせてみた


カレーガムを親に食べさせてみました。
チャレンジャーな両親は興味津々です。

おとん「おお、本当のカレーのにおいだ」
おかん「うまそうじゃない!」

とりあえず、一個を半分に分けて二人に渡しました。
二人とも躊躇なく口へ放り込みます。

おとん「お、これうまいな! カレー好きにはたまらないじゃないか。」
おとん「農作業で腹減ったときにいいな。」

おかん「あら、本格的なカレー味。」
おかん「この量(半分)でちょうどいいね。」

二人とも好評です。

5分ぐらい経って
おとん「だんだん辛さが感じなくなってきたな。」
おとん「食べた瞬間、ほんとカレーって感じだったけど慣れちゃったのかな。」

おかん「なんか粉っぽい。」
おかん「・・・」

その後、出かけたのでどうなったのかは知らないです。

関連記事:カレーガムを食べてみた


コメントを残す