米沢牛ランチ

Pocket

ちょっと昼飯に米沢牛を食べてきました。

ランチ定食1000円で食えるとのことで前から目を付けていたのです。
注文してしばらくしたら、表面が焼かれた米沢牛が焼き石に乗せられて来ました。
すでにスライスされていて赤身が見える。とてもうまそう。

店員「石が熱くなっていますので、タレはかけずに、つけて食べてください。」

なるほど、長細い入れ物だから思わずかけてしまいそうだ。
醤油ダレのようだ。

レアはあまり好きではないのでミディアムぐらいに焼き石で焼いてから
タレにつけて食べてみた。すごい肉の味しかしない!
牛肉特有の臭みが一切しない。とても新鮮なのだろう。

なんてジューシーなんだ! というよりなんとなくあっさりしすぎてる気がする。
というよりなんか水っぽい。これほんとに牛肉なのだろうか。

ふと、手前にあった漬け物とかをみてみると、もう一つタレがあった。
こっちをつけてみると、さらにうまい!
ニンニク味のタレのようだ。
なるほど、ニンニクダレと醤油ダレを楽しめるシステムなんだね。

どちらかというとニンニクダレのほうがうまい。
夢中で食べ尽くしてしまった。とても満足だった。

店員「お茶のおかわりをお持ちしました。」

と、醤油ダレの入れ物を持ってきた。

Pocket

“米沢牛ランチ” への2件の返信

  1. どこをどう間違えるとお茶をタレと間違えるのか。
    オレが想像もつかないことを平然とやってのける!
    そこにしびれる!あこがれない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。