年賀状の思い出


さて、また面倒な行事が近づいて参りました。
チャットをしていて思い出したので、ちょろっとこんなエピソードを書いてみます。

あれは小学生低学年だった。
卯年だったのでうさぎの絵を描いていたのだが
タメの親戚の年賀状は気合いを入れて書こうと思っていたのです。
そこで思いついたのが、こんな絵でした。

鏡餅を描いて、ミカンの代わりに・・・

ウサギの生首を描いて赤で血が滴る様子も描いたわけです。
上には赤字で「あけましておめでとう!」と書いて・・・
すると母親と姉に見つかり、正月だってのに縁起悪い! と
メチャメチャに怒られて大泣きで修正しました。

できあがった年賀状はその鏡餅に手足を書いて
鏡餅は赤い服のように塗り直し
「モチ食い過ぎちゃったー」みたいな吹き出しを追加したわけです。

いま思うとあの年賀状をもらった親戚はどう思ったんだろう・・・


コメントを残す