レアルシルトとディフィージョンを貼った


レアルシルトとディフィージョン
作業してから一ヶ月も経ってしまいましたが
レアルシルトとレアルシルトディフィージョンの施工を載せます。

スピーカ周りは重点的に
以前の吸音材の残りは完全に取り除くのは難しいので
ある程度まで取ったらレアルシルトを貼ってしまいました。
スピーカー周りは重点的に貼っていきます。
表からドアを叩いてビビり具合を確認するといいでしょう。

レアルシルトの上に重ねる
ディフィージョン1枚をちょうどいいサイズに切って貼ります。
1枚でドア二枚分使えました。これはとても簡単です。

小さく切って貼り付ける
周りのドアは小さく切ったレアルシルトを貼り付けていきます。
結構、隙間があるようですがドアをコンコンと叩くとビビらなくなり
効果が出ていることが分かります。それにしてもブチルゴムの後がひどいですね。
きれいに剥がすのはもう諦めちゃいました。レアルシルトも時間が経つと
どうなるのか分かりませんが、今度デッドニングするときは最初からレアルシルトですね。

シリコンシーラント
レアルシルトを貼ったのに微妙なビビりが取れないと思ったら
ドアインパクトビームとアウターパネルが剥がれていたのです。
そこでシリコンシーラントの出番です。サウンドシーラントという物もありますが
この金具とシリコンだと600円ぐらいで買えちゃいますのでお得です。
ちなみに防腐剤入りのシリコンにしましょう。

ドアインパクトビームの隙間を埋める
先がとがっているのでそれなりに充填しやすいです。

みっちり埋める
もともと充填されていたシリコンが剥がれているので
そこの隙間を埋めるように充填していきます。
乾燥も早く1,2時間で固まってしまいました。
これをやった数分後、ハチに襲われて大変なことになったのは割愛します。

さて、ドアをコンコンと叩くととても締まった音になりました。
どんな音に変わったのかウキウキしてきます。
ほんとは少しずつ変えて音の聞き比べをしたかったのですが
時間が取れないので、このあとはスピーカーケーブルも交換しちゃいました。
それは次の記事に書きます。


コメントを残す