ドン、ドンドン


この記事を書いているときも起きていることなのだが
外から「ドン」「ドン」と何かが落ちてくるような音がしている。
はじめは雪が溶けて落ちているんだろうと思っていたのだが
あまりにも多すぎる。なんだか天井で誰かが歩いているかのようだ。

本当に雪が落ちているのか二階へ行ってみたのだが
雪解け水が二階の屋根から落ちる音しか聞こえない。

一階へ戻って、親に二階へ行っている間に音がしたか聞いてみると
何度かしていたとのことだ。

これは一階の屋根から雪が落ちているのだろうと思い
部屋の電気を消して障子を開けてみてしばらく見ていたが
こんどは不思議と何の音もしない。あんなに音が続けてしていたのに。

なんだか気味が悪い。
結局なんだかわからないのだ。


コメントを残す