恋物語とOver Heaven

Pocket

恋物語とOver Heaven
化物語 セカンドシーズン最終巻「恋物語」と
VS JOJO第2弾 「Over Heaven」の感想をちょろっと書こうと思います。

まずは「Over Heaven」ですが一言いいたい。
オレの時間と金を返せ!!!

主人公がDIOということで不安を感じていました。
予想以上のクソっぷりにがっかりです!
第3部のDIO視点というものを書きたかったのかもしれませんが
もう大失敗です。読み始めは、Wiz4みたいだなと思ったのですが
中盤ぐらいまでくると、あれ? 第1部と第3部のダイジェスト?
DIOの心情も描いていますが、マザコンかよ!
全体的に言動がDIOらしくないというか違和感が!!
言い回しがJOJOじゃないのです。西尾維新節なのです。

前作の「恥知らずのパープルヘイズ」が素晴らしすぎたので
ほんとうにこれにはがっかりしました。

気を取り直して「恋物語」です。
こいつはおもしれえ。ヤバいぐらい面白かった!
ストーリーテラーにはびっくりしたがこれは正解だった!
いつもあるメタ要素がいっさいなく、ぐいぐい引き込まれてしまった!
タイトル通りの恋物語ですね! 貝木のイメージが変わったなぁ。
アニメ化がすげえ楽しみだ!

偽物語ももうすぐですね!
全裸待機しないと!

Pocket

“恋物語とOver Heaven” への2件の返信

コメントを残す