鉄のフライパン


数日前のこと
いままでテフロンのパンを使っていたのですが
テフロンが剥がれどんどんくっつくようになってきたので
そろそろ買い換えようかと思っていたのです。

そこで店で探していたら鉄のフライパンが目につきました。
鉄製は非常に錆びやすいのですが手入れをして使い込むと
錆びず焦げ付かなくなるという性質があります。
以前から気になっていて思い切って買ってみました。

普通の鉄製フライパンはさび止めを塗ってあるので
空焼きをして気化させて飛ばしますが
このフライパンはシリコンのようなので覆っているので
手で剥がすことができて空焼きが必要ないそうです。

で、さっそく鶏肉を焼いてみたところ
もう半端なくくっつきました。
目玉焼きなんて作れそうもありません。
そこでいろいろ調べてみたのです。

やはり空焼きはしないと駄目のようです。
まず、焦げを金属たわしでガシガシと落とします。
そのあとひたすら空焼きをします。
普通は丸底パンを火で行うのですが
IHなので平底パンを熱します。
しばらくすると平底が白っぽくなってきました。
この調子で全体的に色が変わるほど
熱したいところですがIHなので出来ません。

出来ないので次の行程へ
油をたっぷり入れ野菜くずを炒めるのです。
さすが野菜! まったくくっつきません。
みるみるうちに炒められていきます。
十分に炒めたら軽く水洗いをして
よく水を拭いてから表面に油を塗って保存します。

するとくっつきにくくなるそうです。
その後、数日は野菜だけを炒めてました。
そして今日、鶏肉を焼いてみたら
くっつかなくなったのです!!
卵を入れてみたらくっつきまくりましたがね。
でも、確実に成長しています。
なんだか愛着がわいてきますね。


コメントを残す