Microsoft Conference 2008

Microsoft Conference 2008に行ってきました。ものすごい人で1000人は超えていましたね。

Windows Server 2008の新機能の紹介でHyper-Vには感心しました。個人的にはUNIXのCUIのように使えるServer CoreとPowerShellに注目していたのですがそれについては簡単な説明だけでした。Hyper-Vは仮想OSのシステムですが極力ハードに依存しないシステムや実に簡単に構築やバックアップができることの説明など興味が尽きません。メインとなるOSはServer Coreでインストールして堅牢性を高めていくのが基本のようです。

意外だったのが仮想OSの方がHDDアクセスが速いと言うことです。パススルーディスクという技術らしいですが、これを当てにしてキャプチャ用PCはこのHyper-Vを使うと便利かなとか思いました。後日やってみようと思います。

Windows Server 2008とほかもろもろ

一番期待していたのが参加者全員に配布されるプレミアムパックです。Windows Server 2008限定評価版、Visual Studio 2008 Standard Edtion特別版、SQL Server 2008 CTP2月版、Windows Vista Ultimate限定評価版の4点。

一番注目はWindows Server 2008です。インストールした日から1年間使えるそうですが、これはローカルでの意味なのかネットワークに接続してなにか登録してからなのかよく分かりませんが、前者でしたらある意味永久に使えそうです。そううまい話はないと思うんですけどね。

postfixの設定

ようやくsmtpsで送信できるようになりました。
ということでメモしておきます。

#make makefiles CCARGS=”-DUSE_SASL_AUTH \
>-DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
>-DUSE_TLS -I/usr/include” \
>AUXLIBS=”-L/usr/lib -lsasl2 -lssl -lcrypto”
#make
#make install

ほかにも設定あるけど、これが分かればいいや

PHPでGDを使う - rep2 -

新サーバの構築はほぼ終わったのですがrep2でAASが使えないという問題がありました。以前も同じことがあったのですがすっかり忘れてしまい今回も手間取ったのでメモとして残そうと思います。

普通にyumでPHPとMySQLをインストールしてAASを使うと下記のエラーが出ます。

・GDが無効になっています。

言葉通りGDが無効になっているので有効にするにはPHPのリコンパイルが必要です。さらにそのときMySQLのソースが必要になるのでこちらもコンパイルしなくてはなりません。つまりyum使うなと言うことですね。

□ MySQLをコンパイル(Fedora8)
#wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.0/mysql-5.0.51a.tar.gz/from/http://mirror.mysql-partners-jp.biz/
# yum -y install ncurses-devel
# yum -y install ncurses-static
# /usr/sbin/groupadd mysql
# /usr/sbin/useradd -g mysql mysql
# tar zxvf mysql-5.0.51a.tar.gz
# cd mysql-5.0.51a
# ./configure --prefix=/usr/local/mysql --with-charset=utf8
# make
# make install
# cp support-files/my-medium.cnf /etc/my.cnf
# cd /usr/local/mysql
# chown -R mysql .
# chgrp -R mysql .
# cp ~/mysql-5.0.51a/support-files/mysql.server /etc/init.d/mysql
# chmod 744 /etc/init.d/mysql
# ln -s /etc/init.d/mysql /etc/rc5.d/S90mysql
# ln -s /etc/init.d/mysql /etc/rc2.d/S90mysql

□ PHPをコンパイル
# wget http://jp.php.net/get/php-5.2.5.tar.gz/from/this/mirror
# yum -y install zlib
# yum -y install libjpeg
# yum -y install libpng
# yum -y install freetype
# yum -y install gd
# tar zxvf php-5.2.5.tar.gz
# cd php-5.2.5
# ./configure \
--prefix=/usr/local/php \
--enable-mbstring \
--with-apxs2=/usr/sbin/apxs \
--with-mysql=/usr/local/mysql \
--with-gd \
--with-zlib \
--with-jpeg-dir \
--with-freetype-dir
# make
# make install

このあとApacheを再起動して終わりです。
微妙に間違ってるかもしれないですがメモですから^^

Catalyst8.3リリース目前

CrossFireX対応のCatalyst8.3が3/5 1:00にリリースされます!
先月までは8.2で対応するとの話でしたが延期になり今月となりました。

こちらで確認できるのは3wayでのCrossFireXですがどれだけパフォーマンスが出るのか気になるところです。やっぱりPhenom9500が足を引っ張るんだろうなぁ・・・ それといまさらですがアスペクト比固定機能がつくそうです。いま使っているDell 2407WFPはアスペクト比固定が出来ないので朗報でした。これで東方も適正なアスペクト比で遊べるかな?

追記:3/6 0:15
かなり遅れて8.3が出たけどVista用だけだ・・・XP版はいつなんだ!

追記: 3/9 15:48
XPではとても不安定で画面がちらついてCrossfireXはだめでした。
Vistaではいちおう正常に画面は出るけどベンチスコアがCrossFireXをやった方が落ちるという最悪の状態に・・・8.3はだめだなぁアス比固定はいいけどね。

RAIDCore Driver3.30

ようやくRAIDCoreのVistaドライバが出ました!

修正箇所は以下の通りです。
* Windows Vista Business & Enterprise support, 32 and 64 bit.
* Automatic driver installation utility.
* SAS drives are now fully supported at the BIOS level. (RC5000 series only)

ドライバはこちら: Ciprico.com

気になっていたSASでブートできないバグも直っているようです。
これで心おきなくSASを導入できそうだ・・・
でも、財布が厳しい!!!

さっそくVista 64bitをインストールしてみたらちゃんと認識しました。
これでようやくVistaに移行できる準備が整いました。
でも、なぜかVistaがインストール中にこけます。
前のシステムでは問題なかったのですが、原因がさっぱりです。
いまのM2N-Eのマザーでは3GB以上のメモリを使ってVistaをインストールできない
バグがあるそうですが1GBでやっても駄目でデバイスも最小限まで絞っても駄目・・・
なんかSATA工学ドライブも問題あるような気もする・・・

Google Coop

Apache+fastcgiを導入してからなのか
MovableType3.35にアップデートしてからなのか
高速検索のFast Searchが使えなくなりました。

そこでGoogle Coopというものに変えてみました。
検索エンジンはGoogleそのものです。
けっこう検索も速いのでいい感じです。

そうそうfastcgiですが微妙に早くなった 気 が し ま す。

apache2.2.4+fastcgi

Fedora 7 でapache 2.2.4(yumで導入) +fastcgi 2.4.0をようやく導入できました。
すげぇ苦労した。これでMTもちょっと快適になったかも
と思ったら再構築するとInternal Server Errorが出てさっぱり出来ない!
タイムアウトの設定を変えればいいとは思ったのですが
どう指定していいか分からずあちこち調べてようやく分かりました。
httpd.confを下記のようにしました。

<IfModule mod_fastcgi.c>
 FastCgiIpcDir /tmp/fcgi_ipc/
 AddHandler fastcgi-script .fcgi
 FastCgiConfig -autoUpdate -idle-timeout 400
 FastCGIConfig -maxClassProcesses 4 -minProcesses 1
</IfModule>

-idle-timeout をはじめ300にしてみましたがそれでも
Internal Server Errorが出るので400にしたらようやく治まりました。

肝心の快適さですが・・・まだ体感できない・・・

Movable Type 4発表

Movable Typeがメジャーバージョンアップ Ver 4を発表しました。

以前に3.1から3.3にアップデートしたときデータベースが壊れて
大変なことになったこともありしばらくアップデートは控えていたのですが
完全なデータのバックアップ方法はわかったので今度はアップデートしようと思います。

Ver.4からは編集が楽になるそうでちょっと気になります。
ファイルのアップデートも簡易化されるそうなのでいままでは
タグを入力していましたがMTの機能も使ってみようかな。

リリースは7月18日予定なのでそれまでに
テンプレートのバグ修正と微調整を行っておこうと思います。

シックス・アパートが、最新ブログ・ソフトウェア「Movable Type 4」を発表
“Movable Type 4発表” の続きを読む

Fedora 7導入

さっそくFedora 7を導入してみました。
さっそく困ったことが起きましたClam Anti Virusが起動できなくなったのです。
0.88から0.90にバージョンアップされたわけですがなぜか定義ファイル更新が出来ません。
libcurl.so.3が見つからないと言われて探してみるとlibcurl.so.4しかありません。
ln -s libcurl.so.4 libcurl.so.3
としたら下のようなメッセージが出ました。

WARNING: Can’t get information about user clamav.

よくわかんない・・・
“Fedora 7導入” の続きを読む