インサイトHN-ZE1のIMAバッテリーを交換してみた


バッテリーエンジン
GW中に初代インサイト ZE1のバッテリを交換してみました。
これでIMAが復活するかドキドキでした。

この記事を読んで感電したり怪我したりしても自己責任で!


シート側
まずは補機バッテリのマイナスを外してから作業開始です。

バッテリエンジンを取り出すにはシート側も外す必要があります。

カバーをはがす
カバーをはがしていきます。
白くて丸いのはリアスピーカーの穴のようです。

バッテリのフタをはがす
先にバッテリエンジンのフタも外しておきます。
このあたりはバッテリECUの交換時にもやっているので早いです。

エンジンが見えた
シート側のプレートも外します。
これでバッテリエンジンを外すボルトが見えるようになります。

バッテリエンジン
バッテリエンジンです。

シート側のボルト
シート側の2つのボルトを外します。

手前のボルト
手前のボルト2本も外します。

テスターでチェック
次に配線を外していきますが、一応テスターで電圧がかかっていないかチェック。

絶縁していく
念のため絶縁テープで絶縁していきます。

配線を外していく
配線も外します。結構抜けにくいところもあって実は一番苦労しました。
1つだけ固定されたコネクタをスライドさせて外さないと抜けないところがありました。

取り外した!
バッテリエンジンを取り出しました!
思ったより重くなくなんとか一人で取り出せたのはびっくり。
40kgぐらいあるのかな・・・?

バッテリエンジン
バッテリエンジンを予備タイヤの上に置いて作業です。

感電しそう
感電しそうなところを外します。

ゴムフタを外す
ゴムのキャップが4つあるので外すとボルトが見えます。

4本のボルトを外す
このボルトを外すとずるりと外れます。

ボルトとネジを外す
バッテリにたどり着くまでもう少しです。
ボルトとネジを外していきます。電動工具があると非常に楽です。
というか、電動器具がないと心が折られそうになるぐらいネジがいっぱい!

バッテリご対面
バッテリご対面です!
インサイトは黄色いフィルムなんですね。

反対側も同様
バッテリを抜き出すには反対側のボルトとネジも外します。

ひたすらネジを外す
ひたすらボルトとネジを外していく作業が続きます。

温度センサー
温度センサーが付いたバッテリが4本あるので
バッテリに傷つけないよう気をつけながらフィルムをはがします。

テープで固定されてた
さらにテープで固定されていました。

絶縁テープで固定
新しいバッテリを差し込んでいきます。
プラスとマイナスが交互に入っているので間違えないよう気をつけます。
温度センサーはテープで仮止めして絶縁テープを巻いておきました。
あとでベタベタになるような気がしますが気にしない!!

交換完了!
交換完了です!

このあとはまたひたすらネジを締めていって元に戻す作業になります。
手伝ってくれた、Kさんありがとう!!

元に戻した後、無事にエンジンがかかるかドキドキしながら
キーを回す動画があるのであとでアップしておきます。

結果を言ってしまうとIMAランプが消えてバッテリが復活しました!
バッテリ残量は最初はゼロでしたがしばらく走るとフルになって
500kmほど走りましたがバッテリ残量は真ん中をキープして
快適に運転できるようになりました。
急激にバッテリ残量が変化することは全くなくなったのはホントうれしい!!

後日、もともと入っていたバッテリが何が駄目だったのか
20本全部、充放電して調べてみました。
そしたら驚いたことに20本すべて6500mAh以上で何も問題ないのです。
さすがにセル一個ずつは調べてないですけどね。

というと、プリウスのバッテリがもう1セットとオリジナルで
予備バッテリが2セットもあると言うことです!
当分、困らない気がしてきました。


“インサイトHN-ZE1のIMAバッテリーを交換してみた” への2件の返信

  1. ZE1赤のIMAランプ点灯車を購入して
    貴方のブログを参考にZE1バッテリー(プリウス10バッテリーヤフオクで購入品)交換してみました、結果は半信半疑でしたが、点灯してなかったチャージ、アシスト、バッテリー残量が表示され
    復活しました
    有難うございました

    一つ疑問なのですが、外したZE1バッテリーが、一本だけ5.9V位で
    他19本は大体購入したプリウスのバッテリーより電圧が高く7V少しありました なぜ同じ位の電圧があるのに交換前は全く死んだ状態になるのでしょうか?バッテリー(寿命)電流量のせいでしょうか?

  2. 復活おめでとうございます!

    推測になってしまいますが、バッテリは直列でつながっているため、一つでも駄目なバッテリが出てしまうと正常に認識できなくなってしまうのかもしれません。
    なので、回収した19本はまた再利用できるかもしれませんよ。

コメントを残す